メイン

旧07 老人・障害者の心理 アーカイブ

2010年01月10日

第21回国家試験:老人・高齢者の心理-1

老化に伴う心理と適応機制に関する次の組み合わせのうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 他の人との間に生じる劣等感情を、優越感情で補おうとする。------補償
2 忍耐力や抑制がきかなくなることにより、人に依存する。-----------反動形成
3 新しいことをなるべく避けようとする。---------------------------投射
4 認めることのできない要求を、他人の中にある要求と考える。-------抑圧
5 自分の不安や緊張、葛藤などから逃げ出す事で安定を図る。-------合理化

続き(正解・解説)を見る "第21回国家試験:老人・高齢者の心理-1" »

2009年01月04日

第20回国家試験:老人・高齢者の心理-2

認知症高齢者に対する回想法に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 短期記憶を題材にしている働きかけである。
2 情動やコミュニケーションを意識しながら働きかける。
3 グループで行う場合、高齢者同士の交流は期待できない。
4 回想内容の正確さを確認することが重視される。
5 視覚的題材や触覚的な刺激は用いずに、言葉だけで働きかける。

続き(正解・解説)を見る "第20回国家試験:老人・高齢者の心理-2" »

第20回国家試験:老人・高齢者の心理-1

欲求や動機づけに関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A マズロー(Maslow,A.)は、基本的な欲求を優先度により3段階に階層づけた。
B 強い不安や不快感から自分を守り、無意識的に現実へ適応しようとする自我の働きが、「防衛機制」である。
C 何らかの障害により、行動の発現が妨げられ、そのうえ対処行動もうまくいかなかった場合に生じるのが、「ホメオスタシス」である。
D ある目的を遂行することによって得られる報酬への欲求だけではなく、目的を完遂することへの欲求が、「自己実現動機」である。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ × ○
2 ○ × × ×
3 × ○ ○ ×
4 × ○ × ×
5 × × ○ ○

続き(正解・解説)を見る "第20回国家試験:老人・高齢者の心理-1" »

2007年01月12日

第18回国家試験:老人・障害者の心理-8

次の記述のうち、適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 音楽療法では、歌を歌ったり、演奏や音楽鑑賞によって、脳自体への刺激効果やコミュニケーションの円滑化が期待できる。
B 回想法では、記憶障害が顕著である認知症高齢者を対象とする場合、回想の内容の正確さを確認することが重要である。
C 高齢者に対する動物介在活動は、能動的、主体的にかかわる交流であることが特徴の一つである。
D リアリティ・オリエンテーションは、認知症高齢者の場合、残存している能力へ働きかけるものである。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○○××
3 ○×○○
4 ×○×○
5 ××○○

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-8" »

第18回国家試験:老人・障害者の心理-7

コミュニケーションの障害に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 音声言語習得の中途失明者の場合、時間が経つと発音の明瞭度は低下することが多い。
2 発声障害には、咽頭(いんとう)摘出により食道発声が必要になるような場合のほかに、心理的な原因によるものも含まれる。
3 吃音(きつおん)では、構音は明瞭でも話し言葉の流れに障害があり、場面や相手によってその状態は左右されやすい。
4 失語症は脳の言語機能が損傷された結果生じるものであるが、理解面より発話面での障害が大きい方がコミュニケーションの困難性が増す。
5 構音障害のある脳性麻痺者の場合、コミュニケーションの代替手段として携帯型対話装置やワープロなどが、しばしば用いられる。

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-7" »

第18回国家試験:老人・障害者の心理-6

発達障害に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 軽度障害の子供に対しては、学習上のつまずきを早く発見し、その努力不足を指摘して本人の自覚を促すことが重要である。
B 学習障害の子供は、知的な発達が全般的に遅れているために、読み書きや計算が苦手である。
C 高機能自閉症とは、自閉症のうち知的障害を伴わない状態を言う。
D 注意欠陥・多動障害の子どもは、中度・重度の知的障害や自閉症が認められないにもかかわらず、「不注意」、「多動症」、「衝動性」などによって日常生活に困難を伴う。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○○××
3 ○×○×
4 ×○×○
5 ××○○

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-6" »

第18回国家試験:老人・障害者の心理-5

適応に関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 適応には、個人と環境との間に調和のある満足すべき関係が保たれている状態といえる。
B 積極的に環境に働きかけて好ましい状態を生み出していくことを順応という。
C 個人の欲求が環境との間に不調和をもたらしたとき、そのことよって起こった緊張状態を社会的に解決することを適応機制という。
D 欲求不満に陥った場合に、芸術やスポーツに打ち込んで満足を得る行動を合理化という。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○×○ 
2 ○○××
3 ○×××
4 ×○○×
5 ××○○ 

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-5" »

2007年01月08日

第18回国家試験:老人・障害者の心理-4

次の記述のうち、関する次の記述のうち,適切なものに○,適切でないものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 介護に当たる家族へのカウンセリングでは、家族自身の潜在的な力を発揮できるようにすることが重要である。
B 不安障害の高齢者に対する認知療法では、本人の現実認知の誤りに対し、「違う考え方」を提示する。
C 現実に直面しない人には、自律訓練法が有効である。
D 介護が家族にもたらすストレスの要因には一次的ストレッサーと二次的ストレッサーがある。日常生活動作の障害は一時的ストレッサーである。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○○×○
3 ○××○
4 ×○×○
5 ××○×
 

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-4" »

第18回国家試験:老人・障害者の心理-3

欲求に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。


A マズロー(Maslow,A)は欲求の階層(hierarchy)説を唱え、第一層から第四層までを欠乏欲求となづけた。
B マズローの欲求階層説の最高層は、所属と、愛情の欲求である。
C 食事、排泄、運動や睡眠などの生理的欲求は第一次的欲求に含まれる。
D 欲求は生理的なものであり、学習によって得られるものではない。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○× 
2 ○×○×
3 ○××○
4 ×○××
5 ××○○

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-3" »

第18回国家試験:老人・障害者の心理-2

ライチャード(Reichrad,S)や、二ユーガーテン(Neugarten,B)らによる高齢者の性格類型と適応パターンに関する次の記述のうち,正しいものの組み合わせを一つ選びなさい。 

A 装甲型(防衛型)は、受け身に人生を受け入れて、仕事への興味はないのが特徴である。
B 円熟型は、現実に柔軟であり、自分の人生を受け入れて、様々なことに興味を持ち、積極的に社会参加を行うのが特徴である。
C 再組織型は(再統合型)は、一つか二つのかの領域にエネルギーを注ぎ、そこから主な満足を得ているのが特徴である。
D 離脱型は、老いるにしたがって役割からはなれていくなど活動性は低いが、人生の満足度は高いのが特徴である。

(組み合わせ)
1 AB
2 AC
3 BC
4 BD
5 CD

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理-2" »

2006年09月16日

第17回国家試験:老人・障害者の心理

発達に関する次の記述のうち,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。 

A ピアジェ(Piaget,J.)は、認識や思考の発達には、4つの段階があることを明らかにした。 
B エリクソン(Erikson,E.)は、人格発達の8つの段階において、自我同一の形成の理論を柱に挙げて、各段階には特有の危機とその克服があると指摘した。
C ユングは(Jung,C)40歳前後を「人生の正午」にたとえ、それ以降の中年期を老年期に至るまでの準備期間であると説明した。
D フロイト(Freud,S.)は、ライフサイクルとは出発点(誕生)から、終了点(死亡)までの過程(旅)であり、人生の各段階は階段を上がるように進んでいくと述べた。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○○○×
2 ○○×○
3 ○○××
4 ××○×
5 ×××○

続き(正解・解説)を見る "第17回国家試験:老人・障害者の心理" »

2006年07月18日

第18回国家試験:老人・障害者の心理

次の組み合わせのうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 知能の加齢変化   →横断的方法により測定する場合には、出生年代の差異による                           影響に留意する必要がある。
2 WAIS-R        →11の下位検査により構成されている知能検査である。
3 結晶知能       →経験や知識の豊かさなどに結びつく能力である。
4 流動性知能      →動作の視覚的な正確さやスピードなどに関連した能力である。
5 ビネー式知能検査  →動作性検査と言語性検査を個々に行う。

続き(正解・解説)を見る "第18回国家試験:老人・障害者の心理" »

About 旧07 老人・障害者の心理

ブログ「介護福祉士国家試験過去問題徹底分析」のカテゴリ「旧07 老人・障害者の心理」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは旧06 レクリエーション活動援助法です。

次のカテゴリは旧08 家政学概論です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

「介護福祉士国家試験ナビ」のトップページはこちら

Powered by
Movable Type