メイン

10障害の理解 アーカイブ

2016年01月04日

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-10

Eさん(35歳,女性)は,出産時に脳出血(cerebral hemorrhage)を起こした。現在は,片麻輝で車いすを利用し,高次脳機能障害(higher brain dysfunction)による注意障害を持ちながら,乳児を育てている。このようなEさんに対して,多職種による支援が行われることになった。
Eさんにかかわる専門職とその支援の内容として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 社会福祉主事が家事援助サービスを提供する。
2 保健師が子育て相談を行う。
3 身体障害者福祉司が治療体操を行う。
4 知的障害者福祉司が精神障害者保健福祉手帳の申請を行う。
5 介護支援専門員(ケアマネジャー)がサービス等利用計画を作成する。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-10" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-9

Dさん(38歳,女性)は,知的障害があり,障害者支援施設で生活介護を受けながら生活している。 A D L (Activities of Daily Living : 日常生活動作)は自立しているが,家事や金銭管理に援助が必要な状況である。家族から経済的・精神的支援は期待できない。
ある日,Dさんから,「仕事はできないけれど,ここから出て暮らしてみたい」という希望があり,検討することになった。
Dさんの地域生活を実現するための支援として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 指定一般相談支援事業者の利用を勧める。
2 発達障害者支援センターに支援計画の作成を依頼する。
3 行動援護め支給申請を行う。
4 就労移行支援の利用を勧める。
5 地域包括支援センターに支援を要請する。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-9" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-8

上肢リンパ浮腫のある人が日常生活で心がけることとして、適切なものを1つ選びなさい。

1 手袋をしないで庭の手入れをする。
2 体重の増加を防ぐ。
3 患側で血圧を測定する。
4 サウナ浴を行う。
5 きつめの肌着を着る。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-8" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-7

適応機制の1つである「昇華」に関する次の記述のうち,正しいものを1 つ選びなさい。

1 認めたくない欲求を心の中に抑え込んでしまおうとする。
2 名声や権威に自分を近づけることで,自分の価値を高めようとする。
3 自分に都合の良い理由をつけて,自分を正当化しようとする。
4 発達の未熟な段階に後戻りして自分を守ろうとする。
5 直ちに実現できない欲求を,価値ある行為に置き換えようとする。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-7" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-6

関節リウマチ(rheumatoid arthritis)の人の関節保護の方法として,適切なものを1つ選びなさい。

1 コップは片手で持つ。
2 荷物は指先で持つ。
3 ドアの取っ手は丸いものを使う。
4 便器に補高便座をのせる。
5 就寝時には高い枕を使う。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-6" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-5

知的障害者に対する支援方法として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 本人のいないところで,本人のことを決ぬる。
2 子どもに接するようにかかわる。
3 失敗経験をさせないように先回りをする。
4 何かを伝えるときには,言葉だけでなく身振りや絵などを使う。
5 社会的マナーに違反したときには,時間がたってから注意する。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-5" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-4

高次脳機能障害(higher brain dysfunction)の原因疾患として,正しいものを1つ選びなさい。

1 ダウン症候群(Down’s syndrome)
2 アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)
3 自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorder)
4 統合失調症(schizophrenia)
5 脳炎(encephalitis)

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-4" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-3

統合失調症(schizophrenia)の陰性症状に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 感情の動きが乏しくなる。
2 誰かに支配されているような感覚を抱く。
3 あるはずのない声が聞こえる。
4 危険な状態にあると思い込み,強い不安や敵意を抱く。
5 話の内容が次々に変わり,まとまりがない。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-3" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-2

ノーマライゼーション(normalization)の理念に通じる制度や事業に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

(注)
1 「バリアフリー新法」とは,「高齢者,障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」のことである。
2 「育児・介護休業法」とは,「育児休業,介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」のことである。

1 「バリアフリー新法」の制定
2 救急医療体制の整備
3 国民皆年金の実現
4 大規模な障害者入所施設の整備
5 「育児・介護休業法」の制定

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-2" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-1

身体障害の種類とその状態の組合わせとして,適切なものを1つ選びなさい。

1 聴覚障害————–嚥下障害
2 肢体不自由————構音障害
3 平衡機能障害———-意識障害
4 内部障害————–呼吸器機能障害
5 視覚障害————–半側空間無視

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-1" »

2014年12月20日

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-10

レスパイトケア(respite care)の目的として、適切なものを1つ選びなさい。


1 利用者の身体的安静を確保すること。

2 介護を担う家族に休養を提供すること。

3 介護職に休息を提供すること。

4 利用者のリハビリテーションの機会を確保すること。

5 介護を担う家族の経済的負担を軽くすること。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-10" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-9

Gさん(24歳、男性)は、父親と同居している。半年前に統合失調症 (schizophrenia)を発症し、3か月精神科病院に入院した。現在は仕事を休み、服薬を続けながら、ホームヘルプサービスを利用し、自宅療養中である。日中はほとんど働くことができず、一日中寝ていることもある。父親はGさんに「どうして仕事ができないのか」、「薬に頼ってばかりではいけない」と言い、Gさんは父親に言われるたびに落ち込んでいる。父親に対する介護職の支援として、適切なものを1つ選びなさい。

1 以前のように仕事ができると信じていることを、Gさんに伝えるように勧める。

2 薬の管理を父親が行うように勧める。

3 家族心理教育プログラムへの参加を勧める。

4 Gさんを誘って気晴らしに旅行するなどの娯楽を勧める。

5 規則正しい生活をするように、Gさんを励ますことを勧める。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-9" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-8

リハビリテーションの専門職の業務として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 言語聴覚士は、嚥下訓練を行う。

2 義肢装具士は、義肢を処方する。

3 視能訓練士は、高次脳機能障害(higher brain dysfunction)の評価を行う。

4 作業療法士は、知的障害者の疾病予防や健康づくり支援を行う。

5 理学療法士は、精神障害者の社会復帰の相談援助を行う。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-8" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-7

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)の人の日常生活上の留意点として、適切なものを1つ選びなさい。

1 入浴では、お湯の温度を高めにする。

2 着替えをするときには、腕を高く上げない。

3 立ち上がるときには、息を止める。

4 和式トイレを使用する。

5 低カロリーの食事を摂取する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-7" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-6

Fさん(55歳、男性)は、1年前に筋委縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis : ALS)と診断された。以前よりも、両上下師の筋力低下が進み、日常生活にも介助が必要となってきた。現在は、壁を伝いながら、妻の介助でどうにか歩行は可能である。からだを起こすと血圧が低くなり呼吸が苦しくなるため、「何もしたくない」と自宅の中だけで過ごすことが多い。 介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 血圧低下を治療する。

2 妻に病状の進行を説明する。

3 人工呼吸器の装着を促す。

4 安楽な体位を工夫する。

5 運動・体操を指導する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-6" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-5

自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorder)のあるEちゃん(5歳)とのコミュニケーションとして、適切なものを1つ選びなさい。

1 「水筒にもっとたくさん水を入れてね」

2 「Eちゃんがいい子にしていたら、遊園地に連れて行ってあげます」

3 「手を洗って、ご飯を食べて、歯を磨いてから遊園地に行こうね」

4 「片付けが終わらないと、遊園地に連れて行きませんよ」

5 「Eちゃんは、これから遊園地に行きます」

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-5" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-4

知的障害のある人のライフステージ(life stage)に応じた支援に関する次の
記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 乳児期には、身体的な成長と精神的な成長のアンバランスに配慮する。

2 幼児期には、将来の就職を考えた自立プログラムを提供する。

3 成人期には、家族の障害受容を支援する。

4 壮年期には、親と死別した後の生活への適応を支援する。

5 老年期には、障害者福祉サービスの利用を支援する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-4" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-3

免疫力が低下したHIV(human immunodeficiency virus)感染者の生活上の留意点に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。


1 火を通さない生ものを積極的に摂取する。

2 他者の皮膚に直接手で触れることは避ける。

3 びらんを防ぐために、肛門周囲を清潔に保つ。

4 日和見感染を防ぐために、日光に当たらない。

5 口腔内出血を防ぐために、口腔ケアは行わない。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-3" »

2014年12月19日

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-2

ソーシャルインクルージョン(social inclusion)の理念として、最も適切なものを1つ選びなさい。


1 すべての人を社会の一員として包み込み、共に支えあう。

2 同年代の障害がない人の生活と同じような生活ができるように援助する。

3 必要な支援を受けながら、自分の生活を選択し決定する。

4 問題解決能力を抑圧された人々の主体性を回復する。

5 奪われたすべての権利を回復し、その人にふさわしい生活を取り戻す。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-2" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-1

ICIDH(International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps : 国際障害分類)からICF(International Classification of Functioning, Disability and Health : 国際生活機能分類)への変遷に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 ICIDHは、機能・形態障害の分類が不十分という指摘があった。

2 医学モデルから社会モデルへの転換として、ICFを位置づけた。

3 ICIDHは、身体障害に適合できない部分があるという批判があり、ICFが開発された。

4 ICIDHにおける能力障害を、ICFでは参加制約に置き換えた。

5 ICIDHよりも、環境及び環境と個人の相互作用を重視したモデルとしてICFが提案された。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解-1" »

2014年01月02日

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解10

Eさん(36歳、男性)は、脳性麻痺(cerebral palsy)がある。母親(60歳)と二人暮らしである。Eさんは、四肢麻痺のため体位変換に介護が必要で、居宅介護を利用している。最近、母親は腰痛を訴えている。
母親に対する介護職の支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 「介護は負担ではない」と母親が言ったので、見守る。
2 腰痛で悩んでいる母親に、コルセットを提供する。
3 母親の介護方法を尊重しながら、腰の負担が軽くなる方法を提案する。
4 Eさんの生活を、ベットから畳に変えるように指導する。
5 母親の負担を減らすため、Eさんと母親の2人分の食事を作る。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解10" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解9

相談支援専門員の業務に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 障害に関する調査・診断・判定を行う。
2 就労に必要な知識や能力を高めるための訓練を行う。
3 サービス等利用計画を作成する。
4 個別支援計画を作成する。
5 外出時の移動中の介護を行う。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解9" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解8

障害受容の過程にみられる「抑圧」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 認めたくない欲求、不安や苦痛を意識下にとどめる。
2 障害を認めず、元に戻ると信じている。
3 子どものように甘えたり、すぐに泣いたりする。
4 自分の立場を正当化し、失敗感や劣等感から逃れようとする。
5 周囲の手助けを拒否して、自分を強くみせようとする。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解8" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解7

広汎性発達障害(pervasive developmental disorder)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 幻覚、妄想が現れる。
2 変化に対する不安が強い。
3 その場の雰囲気や相手の意図を強く意識する。
4 麻痺性構音障害が現れる。
5 協調して作業することが得意である。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解7" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解6

ダウン症候群(Down's syndrome)の原因として、正しいものを1つ選びなさい。

1 胎内感染
2 染色体異常
3 劣性遺伝
4 先天性代謝異常(inborn errors of metabolism)
5 核黄疸(kernicterus)

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解6" »

2013年12月28日

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解5

Dさん(42歳、女性)は、専業主婦で小学生の2人の子どもがいる。うつ病(depression)のため、不眠と注意力の低下から家事や育児ができなくなり、精神科病院に通院している。通院以外は自宅に閉じこもり、横になっていることが多い。訪問した介護職に「子どもの世話ができない自分は母親失格」、「何もできない無能な人間になってしまった」と繰り返し話す。
Dさんへの対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 「ご家族のためにも、早く元気になりましょうね」
2 「気分転換に、旅行に行ったらどうですか」
3 「子供さんの世話ができないのは、つらいですね」
4 「毎日、洗濯や掃除を頑張りましょう」
5 「いつも同じことを言っていても、病気はよくなりませんよ」

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解5" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解4

高次脳機能障害(higher brain dysfunction)の1つである遂行機能障害として、正しいものを1つ選びなさい。

1 物の置き場所や約束を忘れる。
2 集中力がない。
3 ちょっとしたことですぐ興奮して怒鳴る。
4 決まった方法にこだわり、状況に応じた判断ができない。
5 同時に2つ以上のことをすると混乱する。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解4" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解3

片麻痺のある人が自走用標準型車いすを自分で操作しやすくする方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 背もたれの高さを肩の高さと同じにする。
2 健側のブレーキレバーを延長する。
3 肘当ての高さを介護用グリップの高さと同じにする。
4 肘当てをデスクタイプにする。
5 健側足底部が床に着くように、座面の高さを設定する。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解3" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解2

2002年(平成14年)の「障害者基本計画」の基本理念で、ノーマライゼーション(normalization)とともに位置づけられているものとして、正しいものを1つ選びなさい。

1 インクルージョン(inclusion)
2 メインストリーミング(mainstreaming)
3 リハビリテーション
4 インテグレーション(integration)
5 バリアフリー

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解2" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解1

片麻痺のある人のICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)における「活動制限」として、正しいものを1つ選びなさい。

1 復職できない。
2 手足が動かない。
3 言葉が理解できない。
4 旅行に行けない。
5 トイレに行けない。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解1" »

2013年01月13日

介護福祉士国家試験科目別攻略ポイント:障害の理解

今回の科目別必勝法については、障害の理解です。

問題は10問。

障害の理解、ということになると、身体障害についての問題が多くなると思った方も多いかと思いますが、前回の試験で出題された者の内訳は非常に興味深いものでした。

・ICFについて
・ノーマライゼーションについて
・片麻痺
・内部障害
・失語症
・統合失調症
・高次脳機能障害
・知的障害
・広汎性発達障害
・知的障害

かなりばらけていますね。身体障害についての設問は片麻痺だけですね。
どの分野もまんべんなく学習しておく必要があるということでしょうね。
高齢者福祉の分野だけの経験がない人にとっては
イメージのしにくい問題も多いと思いますので、苦手分野は自覚して復習しましょう。

科目内の10問のうちに正解がないと基準点を越えていても不合格です。

2013年01月02日

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解10

知的障害があるFさん(51歳、女性)は、入所施設で生活介護を受けながら生活していた。ADL(Activities of Daily Living;日常生活動作)は自立しているが、家事や金銭管理について援助が必要な状況である。家族から経済的支援、精神的支援を得ることはできない。ある日、Fさんから「仕事はできないけれど、ここから出て暮らしてみたい」との希望があり、検討することになった。入所施設がFさんの地域生活を支援するためのアプローチとして、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 就労移行支援の利用を勧める
2 行動支援を受けるために、市町村に申請する
3 一人で外出できるように、入所施設内で手引き歩行の訓練を行う
4 発達障害者支援センターに連絡を取り、支援を依頼する
5 地域自立支援協議会に個別支援計画の検討を依頼する

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解10" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解9

広汎性発達障害の特性として、正しいものを一つ選びなさい。

1 親の育て方による障害
2 本人の努力不足による障害
3 その症状が通常成人期以降に発現する障害
4 コミュニケーションの障害
5 廃用症候群による障害

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解9" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解8

知的障害に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 一度、正常に発達した知的機能が、脳の器質的障害により低下した状態をいう。
2 知的機能の障害及び日常生活の支障によって特徴づけられる。
3 その障害がおおむね10歳までにあらわれたものをいう。
4 重症心身障害とは、重度の知的障害と重度の内部障害が重複した状態をいう。
5 知的障害児・者の施設入所者数は在宅者数に比べて多い。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解8" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解7

高次脳機能障害(higher brain dysfunction)の種類と症状に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 遂行機能障害のため、日常生活や仕事の内容を計画して実行できない
2 半側空間無視のため、歯ブラシの使い方が分からない
3 社会的行動障害のため、字の読み書きができない
4 失行のため、同時に二つ以上のことに気配りできない
5 注意障害のため、突然興奮したり、怒り出す

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解7" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解6

統合失調症(schizophrenia)の回復期の対応として、適切なものを一つ選びなさい。

1 新しい事を数多く体験することで自信を持たせる。
2 発症前の生活リズムにすぐに戻すよう支援する。
3 病の体験と現実との葛藤があることを理解して支援する。
4 家族と相談しながら薬を減らすよう勧める。
5 同世代の人と同じように仕事や余暇活動をするという目標を立てる。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解6" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解5

失語症(aphasia)に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 あいさつなどの定型化している言葉は障害されやすい。
2 脳血管障害(cerebrovasucular disorder)による構音障害は失語症に含まれる。
3 文や文章よりも単語の理解が困難になる。
4 聴覚障害から生じる音声言語の不正確さは失語症に含まれる。
5 聴覚的理解を補うためには、はっきりした言葉でゆっくりと話しかける。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解5" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解4

内部障害に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)では、透析療法が必要となる場合がある
2 慢性腎不全(chronic renal failure)では、在宅酸素療法が必要となる場合がある
3 大腸がん(colorectal cancer)では、消化管ストーマが必要となる場合がある
4 ヒト免疫不全ウィルス(HIV)病(human immunodeficiency virus〔HIV〕disease)では、尿路ストーマが必要となる場合がある
5 肝硬変(liver cirrhosis)では、埋(植)込式心臓ペースメーカーが必要となる場合がある

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解4" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解3

自宅療養中のEさん(76歳、男性)は、他人への意思伝達は筆談で行っている。また、歩行のときには、右手でT字杖を使用し、左足に短下肢装具を装着している。
Eさんの現在の障害の状況として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 失語
2 記憶障害
3 片麻痺
4 失調
5 大腿の切断

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解3" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解2

ノーマライゼーションに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 大規模入所施設を増加させた。
2 スウェーデンで初めて提唱された。
3 昭和40年代の日本の障害者施策に強い影響を与えた。
4 「統合教育」という意味である。
5 障害者基本計画を支える理念の一つである。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解2" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解1

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health;国際生活機能分類)にしたがって次の状態を定義した場合、正しいものを一つ選びなさい。

1 片足を切断しても義足を着けて歩くことができるのは「参加」である
2 右片麻痺があるが福祉用具を使って食事を作ることができるのは「活動」である
3 尿失禁が思わぬときに起こるのでゲートボール大会への出場を控えるのは「活動制限」である
4 調理や掃除等の生活行為ができなくなるのは「参加制約」である
5 盲導犬利用者が結婚式への出席を断られるのは「活動制限」である

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:障害の理解1" »

About 10障害の理解

ブログ「介護福祉士国家試験過去問題徹底分析」のカテゴリ「10障害の理解」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは09認知症の理解です。

次のカテゴリは11こころとからだのしくみです。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

「介護福祉士国家試験ナビ」のトップページはこちら

Powered by
Movable Type