メイン

04介護の基本 アーカイブ

2017年01月03日

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-16

ストレスマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 仕事に没頭することでストレスを忘れるようにする。
2 自分はストレスを感じることがないと考える。
3 悩みは他人に相談せずに、自分で解決しようとする。
4 困難な現実からは目をそらして、自己を正当化する。
5 自分に合った適切な対処法を持つ。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-16" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-15

労働安全衛生法に定められている内容に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 労働災害の防止に関する措置への労働者の協力
2 労働者の介護休業
3 女性労働者の婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱いの禁止
4 常時20名以上の労働者を使用する事業場の衛生委員会の設置
5 労働者の1日の法定労働時間

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-15" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-14

感染対策に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 下痢・嘔吐が続く介護福祉職は、マスクして業務を行う。
2 汚れが目に見える場所を消毒することが、感染症予防に有効である。
3 モップを使う床掃除の場合は、乾いたモップで汚れを拭き取る。
4 手袋を着用していれば、排泄物や嘔吐物を触った後の手洗いを省略してもよい。
5 固形石鹸(こけいせっけん)よりも液体石鹸(えきたいせっけん)のほうが望ましい。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-14" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-13

リスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 細心の準備をすれば、事故は起こらない。
2 小さな介護事故は、個人で対応する。
3 介護事故の報告を済ませたら、その後の対応は組織の代表者に一任すればよい。
4 介護業務に慣れると事故は起こらない。
5 ヒヤリ・ハット事例の収集・分析が、事故を防ぐことにつながる。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-13" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-12

次のマークが示す内容として、正しいものを1つ選びなさい。

2016ga1.jpg

1 国に登録された第三者承認機関によって、品質が保証された製品である。
2 身体拘束ゼロに役立つ製品である。
3 介護福祉士が医療的ケアを行うための製品である。
4 介護保険制度において、利用者の経済的負担がない製品である。
5 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業で、普及啓発の対象となる製品である。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-12" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-11

施設での介護の在り方に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の羞恥心に配慮した介護を行う。
2 親しみを込めて、利用者を愛称で呼ぶ。
3 多床室では、介護職の目が行き届くように、カーテンは開けておく。
4 入室するときは、日常的なことなので、ノックや声かけをしなくてもよい。
5 医師から利用者に関する情報の提供を求められても、それがどんな理由であっても応じないようにする。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-11" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-10

介護老人福祉施設に入所後、すぐに退所したいと訴える利用者への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 精神安定を図るために、利用者に精神安定剤を服薬してもらう。
2 利用者の思いを最優先に考えて、退所の手続きをする。
3 利用者に退所を思い直してもらうために、家族は介護する意思がないと伝える。
4 利用者の今の思いを受け止めて、その発言の背景を確認する。
5 気分を変えてもらうために、利用者をテレビの前に案内する。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-10" »

2016年09月30日

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-9

サービス担当者会議に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 サービス提供者の実践力の向上を主な目的とする。
2 利用者とその家族の参加を基本とする。
3 市町村社会福祉協議会が主催する。
4 市町村の会議室で開催することが望ましい。
5 利用者を匿名にして議論する。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-9" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-8

通所介護(デイサービス)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 事業者による非常災害対策訓練の実施は、任意である。
2 事業者は、正当な理由なくサービスの提供を拒んではならない。
3 サービスの内容等を記載した通所介護計画の作成は、任意である。
4 短期入所生活介護と訪問介護(ホームヘルプサービス)を組み合させなければならない。
5 日常生活の自立を助けるために、専門職による理学療法や作業療法を行わなければならない。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-8" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-7

障害者の年金、手当、扶助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 障害基礎年金の障害等級は、1級と2級である。
2 障害基礎年金と老齢厚生年金は、併給できない。
3 障害基礎年金は、全額が生活保護の収入認定の対象外となる。
4 特別障害者手当は、市町村の条例によって実施される。
5 2013年(平成25年)の生活保護基準の見直しに伴って、障害者加算が廃止された。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-7" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-6

利用者がその人らしい生活を実現されるように、介護福祉職が把握すべき情報として、最も優先度が高いものを1つ選びなさい。

1 利用者の所有する不動産の種類や価値
2 改訂長谷川式簡易知能評価スケールの得点
3 既往症
4 最近一年間の体重変化
5 これまでの生活環境と生活習慣

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-6" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-5

リハビリテーションの理念を表す用語として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 機能回復訓練
2 就労移行支援
3 全人間的復権
4 地域定着支援
5 特別支援教育

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-5" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-4

利用者の自己決定に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 支援者は、利用者の自己決定に対する働きかけを行ってはならない。
2 援助を受けている利用者は、自己決定をおこなうことができない。
3 判断能力が低い利用者の場合、家族の意向を優先して決定する。
4 利用者はエンパワメントアプローチをされることで、自己決定能力が高まる。
5 自己決定には、責任能力の有無が条件となる。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-4" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-3

Fさん(82歳、男性)は、脳梗塞の後遺症による右片麻痺と運動性失語の状態で、介護老人福祉施設へ入所した。自分の意思は、顔の表情やうなずきなどの動作や左手を使って伝えることができる。2時間ほどは車いすで座位を保つことができる。食事の際は、自分でご飯やおかずをスプーンに乗せたり汁物を口に運んで食べることはできる。

食事場面における介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 食事を居室のベッド上でとるように促す。
2 メニューの説明は不要である。
3 左手で食べたいものを示すように促す。
4 ご飯とおかずを混ぜてスプーンに乗せて口に運ぶ。
5 好みの食べ物は最後に食べるように促す。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-3" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-2

社会福祉士及び介護福祉士法に基づいて、介護福祉士に課せられている誠実義務に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 常に担当する利用者の立場に立って業務を行う。
2 国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図る。
3 利用者を心身共に健やかに育成する責任を負う。
4 利用者の心身の健康の保持のために必要な措置を講じる。
5 利用者が安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与する。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-2" »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-1

2013年(平成25年)の「国民生活基礎調査」(厚生労働省)に関する次の記述のうち、2004年(平成16年)と2013年(平成25年)の65歳以上のいる世帯について、正しいものを1つ選びなさい。

1 65歳以上の者のいる世帯は、どちらも全世帯の6割を超えている。
2 「親と未婚の子のみの世帯」は、2013年(平成25年は2004年(平成16年)に比べて減少している。
3 「夫婦のみの世帯」は、2013年(平成25年)は2004年(平成16年)に比べて減少している。
4 「単独世帯」は、2013年(平成25年)は2004年(平成16年)に比べ増加している。
5 「三世代世帯」は、どちらも65歳以上の者のいる世帯の3割を超えている。

続き(正解・解説)を見る "第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-1" »

2015年12月31日

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-16

Gさん(30歳,女性)は,介護福祉職として介護老人福祉施設で働いてから1年が経過した。最近,夜勤で初めて利用者の看取りを行い,無力感を経験した。その後,気持ちの落ち込みがあり,仕事にも支障が出そうになった。
Gさんへの職場の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 看取りのケアについてチームで話合いをする。
2 Gさんの好きなものをプレゼントする。
3 気持ちが楽になるように,親睦会を開く。
4 看取りの経験を忘れるように,しばらく夜勤を免除する。
5 仕事に支障が出そうになったので,長期休暇を取ってもらう。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-16" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-15

疥癬(scabies)とその対策に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

1 マダニが皮膚に寄生することで発生する皮膚病である。
2 感染した皮膚には変化が見られない。
3 感染した利用者は他の利用者と同室でよい。
4 感染した利用者の衣類や寝具の洗濯は他の利用者のものと一緒でよい。
5 感染した利用者の入浴は,順番を最後にする。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-15" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-14

内閣府が2010年(平成22年)に実施した,「高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査」の「自宅における転倒事故」に関する回答の中で,転倒が最も多かった場所として,正しいものを1つ選びなさい。

1 玄関・ホール・ポーチ
2 居間・茶の間・リビング
3 庭
4 便所
5 浴室

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-14" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-13

車いす操作の安全性に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 車いすの点検は介護福祉職が気づいたときに行う。
2 ブレーキが利きやすいように空気圧を下げる。
3 利用者が乗っている車いすを2台同時に押す。
4 ドアを片手でおさえながら,利用者の車いすを押す。
5 急勾配のスロープを降りるとき,車いすは後ろ向きにする。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-13" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-12

Eさん(80歳,男性)は,介護老人保健施設に入所して3か月になる。最近,夜間に大声で介護職員を呼び,介護職員が駆けつけると,「何でもない」と返事をすることが繰り返されている。そこで,F介護福祉職は,Eさんの行動の意味やその背景にある気持ちを把握するために,Eさんの話を聞いた。Eさんは,「夜になって,一人でこれからのことを考えているとつらい気持ちになって,つい職員さんを呼んでしまうのです。でも職員さんが来てくれると,結局何も言えなくなってしまうのですよ。いつも申し訳ないと思ってはいるのですが」と話した。F介護福祉職は,Eさんの了解のもと,その内容とその意味するところを他の介護職員に会議の場で伝えた。
会議の場でのF介護福祉職の支援行動の意味として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者本位
2 プライバシーの保護
3 総合的なサービスの提供
4 利用者ニーズの代弁
5 後継者の養成

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-12" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-11

セルフヘルプグループ(self-help group)の目的として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 療養上の管理指導を行う。
2 専門的知識を提供する。
3 自助具を作成する。
4 就労移行支援の窓口になる。
5 課題を共有する。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-11" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-10

地域で高齢者虐待防止ネットワーク構築の中心になる機関として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 福祉事務所
2 老人福祉施設
3 民生委員協議会
4 警察署
5 地域包括支援センター

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-10" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-9

居宅サービスのケアマネジメント過程で,介護支援専門員(ケアマネジャー)と連携するサービス提供責任者の役割として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 1か月に1回は利用者の居宅を訪問して,面接を行う。
2 利用者の希望があれば,居宅サービス計画の変更を行う。      `
3 居宅サービス計画に基づいて,訪問介護計画を作成する。
4 サービス担当者会議を招集する。
5 利用者がほかに利用している介護サービスの実施状況についてモニタリング(monitoring)を行う。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-9" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-8

ユニットケアの理念に基づく望ましい生活環境として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 4名以上の利用者が1つの居室で生活する。
2 1ユニットの利用者は, 20名程度で構成する。
3 利用者相互の交流は,同じユニット内に限定する。
4 廊下に向かって横並びに居室を配置する。
5 ユニットを担当する職員は,一定期間固定して配置する。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-8" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-7

障害基礎年金に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 20歳未満の障害者であれば,本人の所得に関係なく受給できる。
2 20歳以上の障害者であれば,申請することで受給できる。
3 障害基礎年金で生活できない場合,申請すれば特別障害給付金を受給できる。
4 障害の程度・等級にかかわらず,支給額は一律である。
5 18歳未満の子がいる障害基礎年金受給者には,子の人数に応じた加算がある。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-7" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-6

介護を必要とする人の個別性・多様性を意識した対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 性別をもとに,衣類の色やデザインを選ぶ。
2 年齢をもとに,生きてきた時代を考え体験談を聞く。
3 障害特性をもとに,施設で暮らすことを勧める。
4 家族構成をもとに,人格的な特徴を判断する。
5 所得をもとに,レクリエーションの内容を考える。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-6" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-5

Dさん(42歳,男性)は,営業の仕事をしていた。休日に趣味のサイクリングの最中,交通事故に遭った。脊髄を損傷し,対麻痺の状態になり,車いすで移動する生活になった。
Dさんに関する次の記述のうち, ICF (International Classification of Functioning,Disability and Health : 国際生活機能分類)における「心身機能・身体構造」と「活動」の関係を示すものとして,適切なものを1つ選びなさい。

1 移動に車いすを使う生活になり,退職することになった。
2 上肢は自由に動かせる状態であり,車いすで移動できるようになった。
3 玄関の周りをバリアフリーにすることで,一人で外出できるようになった。
4 サイクリングの楽しさを忘れられず,車いすマラソンに取り組む準備を始めた。
5 脊髄損傷のために,排尿のコントロールが困難になった。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-5" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-4

施設利用者の生活の質(QOL)を重視した介護福祉の実践として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の身体的側面だけでなく,心理的・社会的な面も含む支援を行う。
2 利用者の生活時間を職員の業務時間に合わせる。
3 利用者が疲れないように食事時間は1時間と定める。
4 利用者の居室環境の整備を最優先する。
5 利用者のニーズは画一的なものとして支援を行う。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-4" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-3

介護福祉士に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 介護福祉士の資格は,業務独占の資格である。
2 介護福祉士の資格は,更新制である。
3 介護福祉士になるには,都道府県知事に申請し登録しなければならない。
4 介護福祉士は,介護等に関する知識や技能の向上に努めなければならない。
5 刑事罰に処せられた者は,どのような場合も介護福祉士になれない。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-3" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-2

2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」(厚生労働省)に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 65歳以上の者のいる世帯の場合,世帯構造別の構成割合は,「単独世帯」と「夫婦のみの世帯」を合わせても半数以下である。
2 65歳以上の者のいる世帯の場合,世帯構造別の構成割合は,「三世代世帯」が半数を超えている。
3 主な介護者が同居の家族の場合,「子の配偶者」が主な介護を担う割合は,「配偶者」,「子」を上回っている。
4 主な介護者が同居の家族の場合,その介護者の年齢は,男女共に60歳以上の割合が半数を超えている。
5 要介護者等と同居する主な介護者のうち,男性の割合は1割程度である。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-2" »

第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-1

介護福祉士制度が創設された背景にあるものとして,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 高齢化率が14%を超えて,高齢社会になった。
2 介護保険法が制定されて,新しい介護サービス提供の仕組みが創設された。
3 日本学術会議が,介護職員の専門性と資格制度についての意見を出した。
4 特別養護老人ホームの制度ができて,介護職員が必要になった。
5 高齢者保健福祉推進十か年戦略(ゴールドプラン)の策定によって,介護サービスの拡充が図られるようになった。

続き(正解・解説)を見る "第27回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-1" »

2014年12月04日

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-16

介護職の腰痛予防に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 日ごろから、前傾中腰姿勢での介護を心がける。

2 長時間、座位の姿勢をとっても腰に負担がかからない。

3 腰痛予防の体操として、静的ストレッチングが効果的である。

4 シーツ交換時のベッドの高さは、介護職の腰より低くする。

5 介護職の体幹を45度程度ひねって介護する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-16" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-15

ノロウイルス(Norovirus)による感染症に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 冬より夏に多い。

2 集団感染になることは少ない。

3 感染経路は、主に接触感染である。

4 消毒には、エタノール消毒液が有効である。

5 嘔吐物・便の処理には、マスクを着用する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-15" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-14

2009年度(平成21年度)「不慮の事故死亡統計」(厚生労働省)によると、高齢者の家庭内における不慮の事故による死亡は、窒息、溺死、(A)の順で多い。

(A)の予防として、適切なものを1つ選びなさい。

1 火災報知機を設置する。

2 滑りにくい床材を使用する。

3 介護者は手洗いを十分に行う。

4 液状の料理は、とろみをつける。

5 脱衣所と浴室の温度差をなくす。

※この問題、不適切問題として、受験者全員に1点が加点されています。
死亡が多いのは、溺死・窒息の順に多いので、逆になっています。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-14" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-13

社会福祉法人が設置・運営、指定介護老人福祉施設のリスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 サービス提供時に事故が発生した場合、損害賠償は市町村が行う。

2 事故のリスクを減らすために、利用者の飲酒・喫煙を禁止する。

3 事故後に家族に連絡・報告した書類を、インシデント報告という。

4 職員のプライバシーに配慮して、職員名は事故の記録に残さない。

5 事故が発生した場合、速やかに家族に連絡する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-13" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-12

利用者の安全を確保するために留意すべきこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 リスクマネジメントは、事故が起きてからその体制を検討する。

2 利用者のけがや事故の原因の1つに、生活を制限されることから生じるストレスがある。

3 施設内では、介護職が取扱いに慣れた歩行器を優先して使用する。

4 利用者本人に対して、積極的に身体拘束への同意を求める。

5 事故報告書は、管理者以外、閲覧することができないように管理・保管する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-12" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-11

地域包括支援センターに関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 高齢者にかかわるボランティアや民生委員などと連携する。

2 介護福祉士が配置されることになっている。

3 各種介護保険サービスを包括的に提供する。

4 要介護高齢者にかかわるケアマネジメント業務を行う。

5 小学校区ごとに配置されることになっている。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-11" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-10

在宅生活を支える各種の介護サービスに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 訪問介護において、通院介助は生活援助に位置付けられる。

2 短期入所生活介護の利用者は、介護老人福祉施設への入所申し込みをした者に限られる。

3 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は、ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)の低下した認知症(dementia)の高齢者は利用できない。

4 夜間対応型訪問介護は、介護福祉士が看護師と同行して支援を行わなければならない。

5 訪問看護と小規模多機能型居宅介護を組み合わせて一体的に提供される介護サービスは、複合型サービスである。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-10" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-9

小規模多機能型居宅介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


1 2012年度(24年度)から開始された介護サービスである。

2 管理者は、医師であることが義務付けられている。

3 長期間の宿泊を目的としている。

4 訪問入浴介護のサービス提供を目的としている。

5 地域密着型サービスの1つである。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-9" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-8

介護を必要とする人のためのエコ・マップ(ecomap)に記載する情報として、最も重視するものを1つ選びなさい。

1 血圧、脈拍、呼吸及び体温の値

2 性別、年齢、生年月日及び既往症などの情報

3 親、兄弟及び祖父母など、数世代にわたる家族関係。

4 利用者や家族を取り巻く様々なシステムとの関係。

5 要介護度や生活ニーズ。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-8" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-7

Eさん(70歳、男性)は、介護老人保健施設に入所している。認知症(dementia)はあるが、普段は他の利用者と一緒に穏やかに話をしている。しかし、介護職が食事の準備をしているのを見ると、落ち着きがなくなって食堂をうろうろしたり、大声を出したりすることがある。
Eさんの言動を理解するための介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 料理に出た食材を話題にして、季節について質問する。

2 若いころの仕事や生活のことなど、Eさん自身の話を詳しく聞く。

3 認知機能の評価尺度を用いて、認知症(dementia)の程度を確認する。

4 箸の使い方などの食事の動作を見守る。

5 ロールプレイ(role-play)を通して、人とのかかわりを観察する。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-7" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-6

介護実践におけるリハビリテーションの考え方として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 自助努力に任せる。

2 生活の視点を重視する。

3 時間を限定して行う。

4 疾病治療を目標とする。

5 リハビリテーション室で集中的に行う。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-6" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-5

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)の「活動と参加」に分類される内容として、正しいものを1つ選びなさい。

1 毎日の日課として必要な行為をやり遂げること。

2 ダイニングに来て、食事をする場所だと思い出すこと。

3 料理番組に好物が出ているのを見て、食欲がわくこと。

4 自宅に届いた花を、きれいだと感じること。

5 介護職の意識や行動が利用者に影響を及ぼすこと。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-5" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-4

2003年(平成15年)に高齢者介護研究会が示した、「2015年の高齢者介護~高齢者の尊厳を支えるケアの確立に向けて~」に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


1 高齢者介護においては、高齢者の尊厳の保持よりも日常生活における身体的な自立への支援が優先される。

2 介護保険は、高齢者の自立支援を目指すものであるが、その根底にあるのは「介護者の負担の軽減」である。

3 高齢者が施設に入所した場合、環境や集団生活に効率的に適応するように、それまでの生活習慣を見直すことが望ましい。

4 認知症高齢者のケアの基本として、本人の生活の仕方や潜在する力を周囲が大切にしなければならない。

5 介護サービスの質を占示す自立支援の効果測定を行う既存の標準的な尺度を、今後とも使用することが望ましい。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-4" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-3

Dさん(98歳、女性)は、介護老人福祉施設に入所している。終末期を迎え、座位が困難でベッドで臥床している。医師は、死に至るまで1週間程度と予測している。呼びかけには目を開けて反応して、表情が変わることもある。食事は、アイスクリームや水分をわずかにとる程度である。
Dさんは、以前からここで最期の時を安らかに過ごしたいと希望している。家族もそれを望んでいて、毎日、居室を訪れている。家族は延命措置を希望していない。
介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 いつもテレビをつけたままにしておく。

2 居室内のポータブルトイレで排泄できるように介助する。

3 家族に、胃ろうの造設を医療関係者に相談するように促す。

4 家族とゆっくりと過ごす時間をもてるように、居室環境を整える。

5 声かけのたびに。頑張って長生きするように励ます。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-3" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-2

社会福祉士および介護福祉士法における介護福祉士に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 介護福祉士の業務を社会福祉士が行うことは禁じられている。

2 介護福祉士は、その業務を辞した後は秘密保持義務が解除される。

3 介護福祉士の行う介護は、「入浴、排せつ、食事その他の介護」から「心身の状況に応じた介護」に改正された。

4 介護福祉士は、環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者に対して介護を行うことが規定されている。

5 介護福祉士は、信用失墜行為をした場合、罰則により1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-2" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-1

内閣府が2011年度(平成23年度)に実施した、「高齢者の経済生活に関する意識調査」における「世話の費用」に関する回答の中で、最も多かったものを1つ選びなさい。

1 資産の売却(担保を含む)等でまかなうことになると思う
2 子どもからの経済的な援助を受けることになると思う
3 特に用意しなくても年金等の収入でまかなうことができると思う。
4 その場合に必要なだけの貯蓄は用意していると思う
5 貯蓄だけでは足りないが、自宅などの不動産を担保にお金を借りてまかなうことになると思う

注 「世話の費用」とは、「子どもに介護などの世話を受けたり、老人ホームに入居したり、在宅でホームヘルプサービスを受けたりする場合の費用」のことである

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本-1" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解-10

地域包括システムの実現に向けた地域ケア会議に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 地域課題の発見や地域づくり・資源開発の機能がある。

2 市町村社会福祉協議会に設置・運営が義務づけられている。

3 介護サービス事業者の第三者評価の役割を果たすものである。

4 要介護認・閧ノ関する不服申し立ての審査を行う。

5 介護サービス利用者とその家族の参加が義務づけられている。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解-10" »

第26回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解-4

少子高齢化に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1  1950年(昭和25年)以降、出生数は一貫して低下し続けている。

2  1950年(昭和25年)以降、合計特殊出生率は2.0を超えたことはない。

3  1980年代前半、老年人口は年少人口割合を上回った。

4  2000年(平成12年)以降、65歳以上の者のいる世帯は過半数を超えている。

5  2012年(平成24年)現在、高齢化率は20%を超えている。

続き(正解・解説)を見る "第26回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解-4" »

2013年12月04日

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本16

感染とその対策に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 病院や施設に入所したことで新たに発症するのは、日和見感染である。
2 手洗いは、消毒液に手を浸して行う。
3 肺結核(pulmonary tuberculosis)は、主に経皮感染する。
4 雑巾やモップは、使わないときも湿らせておく。
5 ノロウイルス(Norovirus)は、感染性胃腸炎(infectious gastroenteritis)を起こす。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本16" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本15

介護老人福祉施設で、やむを得ず身体拘束を行う場合の記述として、適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の家族から承諾書を得れば、身体拘束を行ってもよい。
2 身体拘束を行った場合には、拘束の理由などの記録が必要になる。
3 利用者を落ち着かせるために過剰な向精神薬を服用させることは、身体拘束ではない。
4 切迫性と一時性の2つの要件を満たせば、身体拘束を行ってもよい。
5 利用者の安全を確保する身体拘束は、職員1人の判断で実施できる。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本15" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本14

民生委員に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 要介護者の自宅を毎月訪問することになっている。
2 担当する要介護者の数は決まっている。
3 児童委員を兼ねている。
4 都道府県知事が任命する。
5 任期は10年である。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本14" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本13

介護老人福祉施設に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 障害者自立支援法を根拠とする。
2 居宅への復帰が可能かどうかの判断は、家族の意向を最優先する。
3 要支援2の認定を受けた者が入所できる。
4 長期にわたる療養が必要であると認められる場合に、入所する施設である。
5 介護保険第2号被保険者でも、要介護認定を受けることが入所の要件である。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本13" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本12

介護サービス提供の場に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 都市型経費老人ホームは、定員20人以下の施設である。
2 介護老人保健施設は、最後まで住み続けることを目的とした施設である。
3 地域密着型特定施設入居者生活介護は、定員29人以下の特別養護老人ホームのことである。
4 介護老人福祉施設は、厚生労働大臣の認可を受けた施設である。
5 小規模多機能型居宅介護は、施設サービスに含まれる。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本12" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本11

地域密着型サービスに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 営利を目的とする事業者の参入が制限されている。
2 サービス付き高齢者向け住宅は、地域密着型サービスの1つである。
3 小規模多機能型居宅介護事業者は、運営推進会議を設ける。
4 居宅サービスの中に位置づけられている。
5 2012年(平成24年)の制度改正で、夜間対応型訪問介護が新設された。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本11" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本10

「介護休業制度」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 介護休業とは、10週間以上要介護状態が続いている家族を介護するためのものである。
2 介護休業は、家族1人について、通算して31日の期間を限度とする。
3 介護休業の対象となる家族には、別居の祖父母が含まれる。
4 要介護状態にある家族を1人介護する場合、1年度に5労働日を限度に、介護休暇を取得することができる。
5 要介護状態にある家族の通院の付添いに、介護休暇を使うことはできない。

(注)「介護休業制度」とは、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」に基づく制度である。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本10" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本9

Eさん(75歳、男性)は、軽度の認知症(dementia)がある。Eさんは息子のFさん(48歳)と二人暮らしである。Fさんは働きながらEさんの介護をし、朝早く出勤し夕方に戻る生活のため、訪問介護(ホームヘルプサービス)の利用を始めた。Fさんと近所の人たちとの交流はない。先日、Eさんが日中近所でトラブルを起こして、住民が警察に苦情を言った。
この時点での、サービス提供責任者の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 住民が警察に苦情を言ったことを批判し、住民の意識を変える。
2 介護支援専門員(ケアマネジャー)に連絡し、見守り活動などを行っている近所の人たちの協力を得る。
3 Fさんの同意はないが、Fさんの勤務先をボランティアセンターに知らせておく。
4 住民への働きかけより、専門職の研修の方が重要であると考え、訪問介護員(ホームヘルパー)に研修会への参加を促す。
5 Eさん親子の状況を福祉事務所に連絡し、対応を任せる。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本9" »

2013年11月26日

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本8

内閣府が2008年度(平成20年度)に実施した「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 趣味やスポーツ・地域行事などの自主的な活動に参加する人は、約2割である。
2 地域活動に参加しなかった理由は、「健康・体力に自信がないから」が最も多い。
3 地域活動に参加したいと考える人は、約3割である。
4 近所づきあいでは、「親しくつきあっている」が、最も多い。
5 世代間交流の機会がある人は、約2割である。

(注)「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」は、全国の60歳以上の男女を対象としている。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本8" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本7

介護予防訪問介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 要介護者を対象とする。
2 事業所には、社会福祉士を配置しなければならない。
3 居宅介護サービス計画を作成しなければならない。
4 利用者の生活機能の維持または向上を目指す。
5 訪問介護員(ホームヘルパー)は、介護福祉士でなければならない。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本7" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本6

リハビリテーションに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 リハビリテーションの最終的な目的は、あらゆる人のADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)の自立である。
2 作業療法の1つに失語症のある人に対する言葉の訓練がある。
3 理学療法士は、業として義肢を製作する。
4 職業的リハビリテーションは、リハビリテーションを構成する1つの領域である。
5 回復期リハビリテーションは、社会的リハビリテーションの一環として行われる。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本6" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本5

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)の背景因子を構成するものとして、正しいものを1つ選びなさい。

1 環境因子
2 活動
3 疾病
4 参加
5 心身機能

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本5" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本4

Dさん(80歳、女性)は、介護老人保健施設に入所した。Dさんは自宅にいるときからおむつを使用しており、家族の話では、「よく下着を汚すから」ということだった。担当の介護職は、Dさんの表情から尿意があるのではないかと推察した。Dさんとは言葉でのコミュニケーションは可能である。
Dさんの排泄の自立に向けた入所当日の最初のかかわりとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 「おむつは早く外しましょう」と言う。
2 便座に座ることができるか聞く。
3 尿意の有無を聞く。
4 排尿を我慢できるか聞く。
5 利尿作用のある飲み物を勧める。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本4" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本3

右片麻痺のある人が介護老人福祉施設に入所した。その人の自己決定を尊重した入所当日の食事支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 決めておいた食事の席を伝える。
2 食べやすい方法を確認する。
3 食事用エプロンをつける。
4 副食を細かく刻んでから出す。
5 全介助する。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本3" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本2

社会福祉士及び介護福祉士法に規定された介護福祉士に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 福祉サービス関係者などと連携する。
2 現職の期間に限り、利用者の秘密を漏らしてはならない。
3 資質の向上を図るために、研修の受講を定めている。
4 介護福祉士の名称を停止期間中に使用すると、1年以下の懲役となる。
5 2007年(平成19年)の法改正によって、信用失墜行為の禁止が新たに規定された。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本2" »

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本1

1963年(昭和38年)に特別養護老人ホームが創設された。当時のこの施設に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 経済的な困窮者に対して介護を行う、老人ホームとして創設された。
2 身体上または精神上の著しい欠陥があるために、常時の介護を必要とする65歳以上の者を入所要件の1つとした。
3 「収容の場」ではなく、「生活の場」として位置づけられた。
4 ねたきり老人短期保護事業(ショートステイ)を行うことが求められた。
5 直接処遇を行う寮母は、名称独占の専門職として位置づけられた。

続き(正解・解説)を見る "第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本1" »

2013年01月10日

介護福祉士国家試験科目別攻略ポイント:介護の基本

続いては介護の基本の科目別攻略法です。

出題は16問。
生活支援技術(20問)の次に多い出題数ですので、かなりのボリュームです。

ICFやリハビリテーションの考え方、個人情報保護についてなど、
技術的な問題というよりも概念的な問題が大部分を占めています。

まずはICFの概念図を頭に叩き込んでおくことと、
自立支援という考え方を確認しておきましょう。

リスクマネジメントについても、
感染予防や職員自身の体調管理などについても出題されています。
自分の職場の感染対策マニュアルなども見直してみると、
イメージしやすいのではないでしょうか。

人間の尊厳と自立の2問とこの介護の基本の16問、あわせて18問のうちで
得点が取れていなければ合計点が合格基準点に達していても不合格となります。

2012年12月28日

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本16

介護従事者の健康管理に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 労働基準法は、労働者の労働条件の望ましい基準を定めている
2 労働安全衛生法は、20人以上の職場に衛生委員会の設置を義務づけている
3 労働者が業務上負傷した場合、使用者は必要な療養の費用を負担しなければならない
4 労働安全衛生法は、介護従事者の1日の法定労働時間を規定している
5 メンタルヘルスは個人的な問題のため、職場での心の健康づくり体制を整備する必要はない

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本16" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本15

介護施設における介護職員の基本的な感染予防として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 介護行為ごとに手洗いを行う。
2 手洗いは石鹸と流水で行う。
3 利用者の毎日の健康観察を行う。
4 発熱がある介護職員はマスクをして業務を行う。
5 トイレなどのドアノブは消毒液を含ませた布で消毒を行う。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本15" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本14

介護施設の利用者が転倒し、腹部と下肢を強く打った。医療職が対応するまでの介護職のかかわりとして、適切なものを一つ選びなさい。

1 利用者の足に腫脹が見られたので湿布をした。
2 利用者のそばで、転倒の状況や身体状況の把握に努めた。
3 利用者が水分を要求したので水を飲ませた。
4 嘔吐しそうになったので体位を仰臥位にした。
5 利用者が大丈夫と言ったので様子を見た。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本14" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本13

介護サービスにおける個人情報の保護に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 個人情報には映像や顔写真は含まれない。
2 介護福祉士が個人情報を守秘しなければならない期間は、業務に従事している期間に限られる。
3 同一事業所内では匿名化せずにカンファレンスができる。
4 本人から個人情報の掲示を求められた場合、いかなる場合も開示しなければならない。
5 保険会社からの健康状態の問い合わせには、本人の同意を得ずに伝えることができる。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本13" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本12

高齢者虐待に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 「高齢者虐待調査」によれば、虐待をした者は配偶者が最も多い。
2 「高齢者虐待調査」によれば、虐待を受けた者は前期高齢者が多い。
3 虐待には心理的虐待も含まれる。
4 「高齢者虐待防止法」では、高齢者を60歳以上としている。
5 「高齢者虐待防止法」の養護者は、養介護施設従事者である。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本12" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本11

服薬に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 不眠を訴えたので他の利用者に処方された睡眠薬の内服を勧める。
2 朝、薬を飲み忘れたので昼に2回分の内服を勧める。
3 カプセル剤が飲みにくい場合は、中身を出して内服するよう勧める。
4 湿布薬は皮膚に発赤があっても、同一部位に貼るよう勧める。
5 容器の先がまつ毛に触れずに点眼するよう勧める。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本11" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本10

介護サービス提供の場に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 認知症対応型共同生活介護は地域密着型サービスの一つである
2 介護老人福祉施設の施設長は医師でなければならない
3 軽費老人ホームは要介護度が重い人の入居を目的にしている
4 介護療養型医療施設は要介護者の生活管理を主目的としている
5 小規模多機能型居宅介護は医療管理が必要な介護者のサービスである

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本10" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本9

介護保険制度の居宅サービスにおけるケアマネジメントに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 利用者や家族は、居宅サービス計画の立案・作成にかかわることができない。
2 アセスメントは利用者及び家族に面接して行う。
3 家族は、サービス担当者会議のメンバーに含まない。
4 介護支援専門員は、居宅サービス計画を民生委員に知らせる義務がある。
5 少なくとも2ヶ月に1回は、モニタリングの結果を記録する。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本9" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本8

訪問介護サービスを利用している認知症のGさん(女性)は自宅付近を徘徊するようになり、町内の人たちやスーパーマーケットの従業員から苦情が出ている。この機会に、Gさんを含めた地域の認知症の人たちや家族の支援のために地域のネットワークをつくることとなり、地域の社会福祉協議会か主催し、関係者の会議を開催することになった。
会議における訪問介護事業所のサービス提供責任者の対応として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 地域の認知症の人たちの事例を関係者で報告し、問題を共有することを提案する
2 社会福祉協議会にボランティアの養成を提案する
3 町内会に認知症の理解を広げる方策を提案する
4 スーパーマーケットを除いた地域のネットワークづくりを提案する
5 地域包括支援センターに地域のネットワークづくりへの協力を提案する

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本8" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本7

リハビリテーションに関する説明として、誤っているものを一つ選びなさい。

1 生きる意欲の回復が含まれる
2 身体的・精神的機能の回復だけでなく、社会的・職業的機能の回復も含まれる
3 介護保険施設では、主に教育的リハビリテーションが行われる
4 自立した日常生活に近づけるようにする
5 レクリエーション的要素を組み合わせることがある

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本7" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本6

IFC(International Classification of functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 障害というマイナス部分へのアプローチである。
2 生活機能は、健康状態と背景因子との間の相互作用とみなされる。
3 活動とは、生活・人間場面へのかかわりのことである。
4 背景因子に環境因子は含まれない。
5 心身機能とは、能力低下と社会的不利のことである。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本6" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本5

ユニット型特別養護老人ホームに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 共同生活室は施設に一つあればよい。
2 ユニットとは洗面設備と居室の組み合わせのことである。
3 入所者相互の社会的関係を築くように支援する。
4 居室で食事をしるように支援する。
5 ユニットごとに二人以上の夜勤の介護職員を配置しなければならない。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本5" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本4

Fさんは右片麻痺があり、家族の介助により食事をしている。介護職は自助具を用いて自分で食事をすることをFさんに提案した。しかし、どうしても家族の介助を受けたいという。
現在のFさんへの食事の支援で最初に行うこととして、最も適切なものを一つ選びなさい。


1 自分で食事することの効果について説明する
2 食事用の自助具を紹介する 
3 自分で食べる訓練の必要性を家族に話す
4 なぜ家族から介助してほしいのか理由を聞く
5 食事の支援計画を説明する

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本4" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本3

関節リウマチがあるEさん(88歳、男性、要介護3)は、家族と同居して、訪問介護を利用している。訪問介護員に「家族に介護の負担をかけるのではないか」と、今後の生活に不安を持っていることを話した。介護事業所で今後の支援について話し合うことになった。
Eさんへの支援のあり方として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 家族に訪問介護のサービス内容を選択させる。
2 Eさんには訪問介護サービスに関する情報提供を控える。
3 Eさんから今後の介護サービスについての要望を聴く。
4 Eさんの介護は、サービス提供責任者の判断を優先する。
5 Eさんが苦情を述べていないので問題はないと考える。

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本3" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本2

社会福祉士及び介護福祉士法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 平成19年の法改正で、介護福祉士の業務について、従来の「心身の状況に応じた介護」から「入浴、排せつ、食事その他の介護」に改められた
2 介護福祉士となる資格を有する者が介護福祉士となるためには、都道府県知事に申請し登録を受けなければならない
3 介護福祉士は介護に関する指導は行わない
4 介護福祉士は、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障があるものを対象とする
5 刑事罰に処せられた場合、いかなる場合も介護福祉士になることはできない

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本2" »

第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本1

「国民生活基礎調査(平成19年)」、「介護サービス施設・事業調査(平成21年)」に基づく日本の介護の現状として、正しいものを一つ選びなさい。

1 要介護者等の性別では男性が多い
2 同居している主な介護者としては「子の配偶者」の構成割合が最も高い
3 介護保険施設の所在者数は介護療養型医療施設が最も多い
4 要介護1から5まで要介護度が高まるほど同居している主な介護者の介護時間は増大する
5 居宅サービスでは訪問入浴介護の利用者数が最も多い

続き(正解・解説)を見る "第24回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本1" »

About 04介護の基本

ブログ「介護福祉士国家試験過去問題徹底分析」のカテゴリ「04介護の基本」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは03社会の理解です。

次のカテゴリは05コミュニケーション技術です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

「介護福祉士国家試験ナビ」のトップページはこちら

Powered by
Movable Type