« 第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-5 | メイン | 平成29年介護福祉士国家試験解答速報掲載サイト一覧! »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-6

Bさん(82歳、男性)は、脳梗塞の既往があり、右片麻痺がある。以前から食事中にむせることがあった。半年前には、肺炎で入院したこともある。昨日から元気がなく、食欲もなくて普段の半分も食べられない。呼吸数は1分間に24回、体温は37.4℃だった。
Bさんに起こっていることとして、最も可能性の高いものを1つ選びなさい。

1 脳梗塞の再発
2 急性腸炎
3 感冒
4 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
5 胃潰瘍

正解: 4

誤嚥性肺炎での死亡者数が増え、
現在は死因の第三位。
誤嚥性肺炎についての出題は今後も増えていく可能性が高いですよね。
また、高齢者の誤嚥性肺炎は今回の問題に掲載された症状が
表面化しない場合(いわゆる不顕性誤嚥)もありますので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaigo-license.com/mt/mt-tb.cgi/896