« 第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-4 | メイン | 第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-6 »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-5

めまいや立ちくらみが時々ある高齢者への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 勢いをつけて立ち上がることを勧める。
2 首を左右に振る体操をすることを勧める。
3 降圧薬の服用を勧める。
4 抗不安薬の服用を勧める。
5 転んでもけがをしないように部屋を片付けることを勧める。

正解: 5

介護福祉職としてできることを選べば5になりますよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaigo-license.com/mt/mt-tb.cgi/895