« 第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-1 | メイン | 第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-3 »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-2

加齢に伴う筋肉の変化に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 70歳頃までは、筋肉量は維持される。
2 タンパク質をとることは、筋肉量の維持に有効である。
3 高齢者になってからの運動は、筋肉量の増加には無効である。
4 筋肉量の減少の主な原因は、悪性腫瘍の合併である。
5 筋肉量の減少は、下肢よりも上肢のほうが顕著である。

正解: 2


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaigo-license.com/mt/mt-tb.cgi/892