« 第28回介護福祉士国家試験過去問題:介護過程-8 | メイン | 第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-2 »

第28回介護福祉士国家試験過去問題:発達と老化の理解-1

エリクソン(Erikson.E)の発達段階説に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 誕生から1歳ころまでは、自分の行動コントロールを身につける段階である。
2 3歳頃から6歳頃までは、自発的行動を通して主体性の感覚を学ぶ段階である。
3 12歳頃から20歳頃までは、勤勉性を身につける段階である。
4 20歳頃から30歳頃までは、心身共に自分らしさを身につける段階である。
5 30歳頃から60歳頃までは、社会全体や他者への信頼感を持つ段階である。

正解: 2

これは難問。
エリクソンの発達課題ですね。
人生を段階に分けているのですが、
ここに老年期がないというのもいやらしい問題ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaigo-license.com/mt/mt-tb.cgi/891