« 2013年08月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

2013年11月19日

介護福祉士国家試験模擬試験にチャレンジ!

オンライン介護福祉士国家試験模擬試験のコーナーに今年1月に開催された筆記試験の
抜粋問題を掲載しています。

試験勉強を始める前の腕試しに、本番前の最終チェックに、
是非チャレンジしてみてください。

介護福祉士国家試験ナビ:介護福祉士国家試験オンライン模擬試験

試験本番に向けて、このブログでも過去問題をどんどん掲載していきます。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間の尊厳と自立1

介護福祉士が誠実に業務を行うことを明示した法律として、正しいものを1つ選びなさい。

1 社会福祉法
2 高齢者虐待防止法
3 社会福祉士及び介護福祉士法
4 介護保険法
5 老人福祉法

(注)「高齢者虐待防止法」とは、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

正解:3

社会福祉士及び介護福祉士法の抜粋を紹介します。

第四十四条の二  社会福祉士及び介護福祉士は、その担当する者が個人の尊厳を保持し、自立した日常生活を営むことができるよう、常にその者の立場に立つて、誠実にその業務を行わなければならない。

誠実義務といわれるものです。
法律を全部読む必要はありませんが、
信用失墜行為の禁止・秘密保持・連携・資質向上とこの誠実義務は
キーワードとして覚えておきましょう。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間の尊厳と自立2

Aさん(84歳、男性)は、「私は13歳のとき、発疹が現れ医師の診察を受けたところ、ある感染症にかかっているという理由で、強制的に国立の療養所に入所させられた」と語った。この入所は、ある感染症の予防法に基づくものであった。
 Aさんは、「療養所では、入所した日から本名を使うことができなかった。また、一時帰宅したが、その後の帰宅を両親から断られた」と続けた。
 この法律は1996年(平成8年)に廃止された。
 Aさんが罹患した感染症として、正しいものを1つ選びなさい。

1 破傷風(tetanus)
2 コレラ(cholera)
3 痘そう(smallpox)
4 梅毒(syphilis)
5 ハンセン病(Hansen's disease)

正解:5

1996年に廃止されたということで記憶に残っている人も多いと思いますが、
受験生の年齢によっては記憶にない人もいますよね。
若い受験生にとってはちょっとハンデになる問題ですね。

こんな法律が平成になっても残っていたという事実は忘れてはいけないですよね。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション1

介護職と利用者のコミュニケーションを促す場面づくりに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者との関係性をつくる座り方として、直角法より対面法の方が有効である。
2 対面法で座る場合、視線を向けることのできる花瓶などを机の上に置くとよい。
3 利用者に近づけば近づくほど、親密な雰囲気になって利用者は話しやすくなる。
4 利用者が座っているときも、介護職は立ったままで話しかけてよい。
5 介護職が腕や足を組んだ姿勢をとると、利用者はより話しやすくなる。

正解:2

花瓶に必要以上にひっかかってしまう方も多いのかもしれないですが、
消去法で考えれば大丈夫ですよね。
相手に圧迫感や緊張感を与えないという配慮ですね。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:人間関係とコミュニケーション2

Bさんの父親は認知症(dementia)があり、同じ話を繰り返す。Bさんが、「同じ話を毎日聞いて疲れる。疲れるのは父親のせいだ。つらいです」と介護職に話した。
 このときの介護職の、感情の反射(reflection of feeling)を用いた返答として、適切なものを1つ選びなさい。

1 「どんなふうにつらいですか」
2 「つらい気持ちなのですね」
3 「うまくいっていないのですね」
4 「つらい気持ちは怒りみたいなものですね」
5 「あなたが話していることは、お父さんに対するつらさですね」

正解:2

感情の反射ということであれば2で問題ないです。
相手が発した感情を表す言葉はとても重要です。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解1

育児と介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 「育児・介護休業法」に基づく育児休業制度は、男性にも適用される。
2 「育児・介護休業法」に基づく子の看護休暇制度は、小学校就学前の子の養育をする労働者には適用されない。
3 2010年(平成22年)の「出生動向基本調査」によると、女性の就業率は第一子の出産後も低下しない。
4 2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」によると、同居している主な介護者は70歳代が最も多い。
5 2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」によると、同居している主な介護者は子の配偶者が最も多い。

(注)「育児・介護休業法」とは、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」のことである。

正解:1

男性の取得率の低さが話題に上ることもありますが、
介護福祉といった職場だからこそそういった制度の利用を積極的に進めていただきたいですね。
・・・余談ですが

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解2

限界集落を定義するときの人口構成として、正しいものを1つ選びなさい。

1 65歳以上の人口比率が14%以上である。
2 65歳以上の人口比率が30%以上である。
3 65歳以上の人口比率が50%以上である。
4 75歳以上の人口比率が14%以上である。
5 75歳以上の人口比率が30%以上である。

正解:3

2060年には国民の約2.5人に1人が65歳以上の高齢者となる日本は
限界国家とも言えそうですよね。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解3

日本の社会保障に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 生活保護制度や福祉サービスは、社会保障に含まれない。
2 所得再分配の機能はない。
3 2009年度(平成21年度)の社会保障財源に占める公費負担は、50%を超えている。
4 社会保障の発展は、経済の安定や成長を損なう。
5 介護、子育てなどの家庭機能を支援する役割がある。

正解: 5


第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解4

国民年金の被保険者に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 被保険者にならなければならない者は、被用者でない場合、20歳以上65歳未満の者である。
2 国籍にかかわらず、要件を満たせば被保険者となる。
3 厚生年金の被保険者である者は、国民年金の被保険者にはなれない。
4 20歳以上でも学生である期間は、被保険者にはなれない。
5 厚生年金の被保険者に扶養されている配偶者は、被保険者にはなれない。

正解:2

2013年11月22日

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解5

介護保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 支給対象は、介護保険制度の発足時から現在まで、6段階に区分されている。
2 地域密着型サービスは、都道府県がサービス事業者の指定や指揮監督を行う。
3 地域包括支援センターには、身体障害者福祉司の配置が義務づけられている。
4 介護予防マネジメントは、保健所が実施することになっている。
5 2006年(平成18年)に施行された介護保険法の改正によって、介護予防サービス(新予防給付)が創設された。

正解: 5

その介護予防サービスがいま制度改正での焦点になっているわけですが。
昨年の制度改正の内容などもチェックしておくことをお勧めします。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解6

介護保険審査会の設置主体として、正しいものを1つ選びなさい。

1 市町村社会福祉協議会
2 都道府県社会福祉協議会
3 市町村
4 都道府県
5 国

正解: 4

介護認定審査会とは違いますので、ここでは都道府県が正解になります。
ケアマネ試験ではよく出題される問題ですが。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解7

介護支援専門員(ケアマネジャー)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 実務研修受講試験は、市町村が実施する。
2 介護福祉士登録をすれば、実務経験3年で実務研修受講試験を受験できる。
3 資格の有効期間は5年である。
4 守秘義務は、社会福祉法に規定されている。
5 成年被後見人または被保佐人となっても、資格を失うことはない。

正解:3

5ですが、
「被」後見人になる場合なので、成年後見人になる場合と混同される方も多かったと思います。

まぁ、ケアマネがそのまま成年後見人になれるかというと、
ケースとしては稀という感じがしますが。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解8

障害者自立支援法における「障害者」の定義に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 18歳未満の障害児を含む。
2 65歳以上の障害者を含む。
3 発達障害(developmental disorder)のある者は含まない。
4 高次脳機能障害(higher brain dysfunction)のある者は含まない。
5 双極性感情障害(bipolar affective disorder)のある者は含まない。

正解: 2

障害者と障害児では年齢によって定義が分かれます。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解9

地域における障害者の自立支援のシステムに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 地域活動支援センターは、障害者の医学的・心理的判定を行う。
2 基幹相談支援センターは、都道府県が設置する。
3 知的障害者相談員は、厚生労働大臣が委嘱する。
4 障害程度区分の審査・判定は、市町村審査会が行う。
5 利用者負担の額は、市町村障害福祉計画によって決められる。

正解:4

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解10

Cさん(80歳、女性)は、P市で一人暮らしをしている。最近、からだが弱り、介護老人福祉施設に短期入所した。施設の介護職は、Cさんが公共料金の支払いなどがうまくできず、つじつまの合わない話をすることに気付いた。そこで、自宅に戻ったときには、日常生活自立支援事業を利用したらどうかと、助言した。
 Cさんがこの事業の利用を相談する機関として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 国民生活センター
2 家庭裁判所
3 年金事務所
4 P市社会福祉協議会
5 認知症専門の医療機関

正解: 4

あまり活用されていない制度ですが、日常生活自立支援事業という
契約の際の援助や公共料金の支払い代行などを行ってくれる制度です。
認知症のレベルによっては利用ができないのですが。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解11

個人の権利を守る制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 成年後見制度は、「後見」と「保佐」の2類型で構成される。
2 日常生活自立支援事業では、利用を開始する際に利用者の判断能力は審査しない。
3 日常生活自立支援事業には、初期相談、利用援助契約などを行う「専門員」が配置される。
4 個人情報の保護に関する法律では、個人の同意のない個人情報の提供は例外なく禁止している。
5 「高齢者虐待防止法」は、介護施設従事者による高齢者虐待については規定していない。

(注)「高齢者虐待防止法」とは、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

正解:3

成年後見は後見と保佐と補助の三類型です。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:社会の理解12

 「精神保健福祉法」に規定された精神障害者の入院形態として、正しいものを1つ選びなさい。

1 緊急措置入院とは、急速を要し、措置入院に係る手続きをとることができない場合に行う入院である。
2 措置入院とは、精神保健指定医の判断によって、本人、保護者の同意を得て72時間に限り行う入院である。
3 医療保護入院とは、本人自らの意思に基づく入院である。
4 任意入院とは、精神保健指定医から入院が必要と判断された場合に、保護者の同意に基づいて行う入院である。
5 応急入院とは、本人、保護者の同意がなくても、都道府県知事が認めた場合に行う入院である。

(注)「精神保健福祉法」とは、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のことである。

正解:1

2013年11月26日

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本1

1963年(昭和38年)に特別養護老人ホームが創設された。当時のこの施設に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 経済的な困窮者に対して介護を行う、老人ホームとして創設された。
2 身体上または精神上の著しい欠陥があるために、常時の介護を必要とする65歳以上の者を入所要件の1つとした。
3 「収容の場」ではなく、「生活の場」として位置づけられた。
4 ねたきり老人短期保護事業(ショートステイ)を行うことが求められた。
5 直接処遇を行う寮母は、名称独占の専門職として位置づけられた。

正解: 2

それぞれの施設ごとの役割・機能の違いは確認しておきましょう。
住宅型の施設なども増えてきているので、そのあたりの確認も忘れずに。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本2

社会福祉士及び介護福祉士法に規定された介護福祉士に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 福祉サービス関係者などと連携する。
2 現職の期間に限り、利用者の秘密を漏らしてはならない。
3 資質の向上を図るために、研修の受講を定めている。
4 介護福祉士の名称を停止期間中に使用すると、1年以下の懲役となる。
5 2007年(平成19年)の法改正によって、信用失墜行為の禁止が新たに規定された。

正解:1

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本3

右片麻痺のある人が介護老人福祉施設に入所した。その人の自己決定を尊重した入所当日の食事支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 決めておいた食事の席を伝える。
2 食べやすい方法を確認する。
3 食事用エプロンをつける。
4 副食を細かく刻んでから出す。
5 全介助する。

正解: 2

「右麻痺!」という言葉に敏感に反応した人は拍子抜けしたかもしれないですね。
自己決定を尊重した入所当日、という記載がなくてもそうすべきですよね。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本4

Dさん(80歳、女性)は、介護老人保健施設に入所した。Dさんは自宅にいるときからおむつを使用しており、家族の話では、「よく下着を汚すから」ということだった。担当の介護職は、Dさんの表情から尿意があるのではないかと推察した。Dさんとは言葉でのコミュニケーションは可能である。
Dさんの排泄の自立に向けた入所当日の最初のかかわりとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 「おむつは早く外しましょう」と言う。
2 便座に座ることができるか聞く。
3 尿意の有無を聞く。
4 排尿を我慢できるか聞く。
5 利尿作用のある飲み物を勧める。

正解: 3


第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本5

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)の背景因子を構成するものとして、正しいものを1つ選びなさい。

1 環境因子
2 活動
3 疾病
4 参加
5 心身機能

正解: 1

ICFについては図で覚えておきましょう。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本6

リハビリテーションに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 リハビリテーションの最終的な目的は、あらゆる人のADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)の自立である。
2 作業療法の1つに失語症のある人に対する言葉の訓練がある。
3 理学療法士は、業として義肢を製作する。
4 職業的リハビリテーションは、リハビリテーションを構成する1つの領域である。
5 回復期リハビリテーションは、社会的リハビリテーションの一環として行われる。

正解:4

リハビリテーションという言葉は様々な場面でつかわれますが、
そこでのリハビリテーションという言葉がどういった意味を持っているのかを注意しましょう。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本7

介護予防訪問介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 要介護者を対象とする。
2 事業所には、社会福祉士を配置しなければならない。
3 居宅介護サービス計画を作成しなければならない。
4 利用者の生活機能の維持または向上を目指す。
5 訪問介護員(ホームヘルパー)は、介護福祉士でなければならない。

正解:4

何年か後には予防訪問介護という言葉があるのかどうか・・・。

第25回介護福祉士国家試験過去問題:介護の基本8

内閣府が2008年度(平成20年度)に実施した「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 趣味やスポーツ・地域行事などの自主的な活動に参加する人は、約2割である。
2 地域活動に参加しなかった理由は、「健康・体力に自信がないから」が最も多い。
3 地域活動に参加したいと考える人は、約3割である。
4 近所づきあいでは、「親しくつきあっている」が、最も多い。
5 世代間交流の機会がある人は、約2割である。

(注)「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」は、全国の60歳以上の男女を対象としている。

正解:2

About 2013年11月

2013年11月にブログ「介護福祉士国家試験過去問題徹底分析」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年08月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

「介護福祉士国家試験ナビ」のトップページはこちら。

Powered by
Movable Type