« 2012年01月 | メイン | 2012年07月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月28日

第24回介護福祉士国家試験実技問題(平成24年3月開催)

第24回(平成23年度分)介護福祉士国家試験実技の問題とポイントを掲載します。

 田中ひろさん(87歳)は、左上下肢に麻痺があり、衣服の着脱と移乗の動作に一部介助が必要です。車いすの移動は全介助です。
 いすに座っている田中さんは、上着を着て、車いすで外出することを希望しています。
 外は寒いので、寒くないように準備し、途中にある段差を越えて、玄関まで移動の介助をしてください。

 車いすの点検は済んでいます。
 田中さんの返事は、「はい」または「うなずく」だけです。
(試験時間は5分間以内です。)

相変わらず片麻痺の設定です。
問題自体はシンプルな内容の出題だったと思います。

ポイントは、着衣の一部介助、車いすへの移乗と車いすの操作になります。

ざっと流れからポイントを考えると、
・あいさつ
・上着の着せ方(患側から着せたか、着衣の乱れなどなかったか)
・車いすの設置(健側側への設置・ブレーキの確認)
・移乗(立ち上がりやすいように座りなおしたか、残存機能を生かしたか)
・段差(ティッピングレバーを使えたか)
・寒さ対策(ひざ掛けについて勧めたか、体調確認をしたか)

というところがポイントになりそうですが、
一連の動きの中で声掛けや同意を受けるというステップをしっかり踏むということですよね。

第24回介護福祉士国家試験合格発表

第24回介護福祉士国家試験の合格発表が
3月28日午後1時から行われます。
社会福祉振興・試験センターのホームページで発表されますが、
当日はアクセスが集中することが予想されますので、
時間帯を選ぶなどしてご確認ください。

みなさんの努力が実を結ぶことを願って。

第24回介護福祉士国家試験、合格率は63.9%。ボーダーラインは75点。

介護福祉士国家試験の合格発表が社会福祉振興・試験センターのホームページで行われています。
今回の試験、合格率が63.9%ということで、
今までの試験の中でおそらく最も高い合格率になったのではないでしょうか。

筆記試験の合格基準点、いわゆるボーダーラインは75点以上
点数自体を見ると特別低い基準というわけではないのですが、
それだけの合格者が出たということは、
問題の難易度が若干下がった試験だったか、
もしくは受験者側も制度改正の影響もあって気合を入れる必要に迫られた受験者も多かった、
といったことも予想されます。

とにかく、合格された皆様、おめでとうございます。
次回受験する皆様は、
よろしければ、このサイトともう一年だけお付き合いいただければ幸いです。

About 2012年03月

2012年03月にブログ「介護福祉士国家試験過去問題徹底分析」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年01月です。

次のアーカイブは2012年07月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

「介護福祉士国家試験ナビ」のトップページはこちら。

Powered by
Movable Type