« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月 アーカイブ

2007年02月01日

筆記の結果を待たずに実技の準備に入るわけ。

第19回介護福祉士国家試験、
各社の模範解答が出揃い、獲得した点数の目安はそろそろつきましたか?

60%を基準にする、はずなので、
大きく合格ラインが引き上げられることはないと思います。
自己採点できたら、実技試験の準備に入ることをお勧めします。

実は筆記の結果を配送するのが2月16日からになっているので、
結果を受け取ってから、準備に当てることのできる時間はわずかに2週間。
そこから、実技の対策本を買って、シュミレーションをして、
実技試験を想定して仕事で実践してみたり・・・といった準備を行うのには
2週間という時間は非常に短いのです。
なので、ぜひ実技対策の本を購入するのはお早めに。

筆記の結果が出てからだと、書店においてある実技本が売切れてしまうケースも多いそうです。
今のうちに購入することをお勧めします。

これで合格介護福祉士国家試験実技試験対策イメージトレーニング
介護福祉士国家試験実技試験対策研究会
医歯薬出版
売り上げランキング: 224272


イラストでわかる介護福祉士実技試験対策ブック
コンデックス情報研究所 前川 美智子
成美堂出版
売り上げランキング: 40882

2007年02月06日

第19回介護福祉士国家試験問題抜粋テスト開催中。

当サイトの模擬テストコーナーに、
第19回介護福祉士国家試験に出題された問題から抜粋した20問のテストを作成しています。
来年以降に受験される予定の方、ぜひチャレンジしてみてください。
また、今年受験された方も確認の意味で試してみてください。

介護福祉士国家試験ナビ:介護福祉士国家試験模擬テスト

2007年02月09日

介護福祉士国家試験、合格ラインはどこ?

釧根介護福祉士会のホームページで、
第19回介護福祉士国家試験の自己採点アンケートを行った結果が出ています。

結果、平均得点は、82~83点としています。
ただ、昨年もアンケートでの平均点は83点だったものの、
実際の合格ラインは73点と、10点の差があったため、
あくまで参考程度に考えてください。

ただ、昨年とアンケート集計結果の平均得点がほぼ同じだったということは、
難易度は昨年並みだったと考えていいのではないでしょうか。
と考えると、合格ラインも、昨年並みになるか、それとも・・・?

実技試験への準備。

介護福祉士国家試験、実技の試験が迫ってきています。
ボーダーライン上にいる人にとっては、
準備をしていいものか、
準備をしても筆記不合格になってしまったらどうしよう、と悩むところですね。

ただ、筆記の合否がわからなくて、
もし仮に不合格になったとしても、
また来年以降介護福祉士国家試験を受験するのであれば、
今、実技の勉強しておいても無駄にはならないと思います。


2ちゃんねる掲示板で出回っていた実技試験のポイントを引用させていただきます。
かなり細部まで盛り込んであるので、
一度自分の動きを照らし合わせてみて、チェックをしてみるといいかも。

1、挨拶&自己紹介
2、事前説明
3、体調確認
4、安全確認
6、口頭指導
5、残存機能の活用
6、適切な介助
4、体調確認

・確認の際には、承諾を得る。

・口頭指導の際には
 ○○してくださいではなく
 ○○して頂いてよろしいですか?と
 本人の意思を確認する。

・介助の際は、介助することを伝え
 疾患により声掛の位置や立ち位置に留意する。

・着替えなどの場合は羞恥心にも配慮する。


例:端座の利用者を車椅子に移乗する

受験対策をしていない人だと
車椅子を用意→利用者を抱えて車椅子に移乗→終了
で不合格。

正しい手順は

1、挨拶&自己紹介
利用者に目の高さを合わせて挨拶と自己紹介

2、事前説明
これから車椅子に移ってもらうことを説明する
課題に目的が「洗顔」とか書いてあればそのこともしっかり説明

3、体調確認
起床後なら良く眠れたかどうか、
食後なら食事はしっかりとれたか、気分不快などないか
目的が外出なら排泄は済んでいるかなどの声かけ
顔色なども確認するが、自分がそのことも確認しましたよと
試験官に伝えるため「顔色も宜しいようですね」と発言する
※介助の終了後にも「疲れていませんか?」など確認する

4、安全確認
端座の利用者の安定(かかとが床についているか)
車椅子の確認(ブレーキ、タイヤの空気残量など)
ベッドの確認(ストッパーにより固定されているか)など

5、残存機能の活用
抱えて移乗するのではなく残存機能を活用して移乗してもらう
左麻痺の利用者である程度は自立という設定なら
自分が利用者の左脇に位置し、利用者の膝折れを予防するために
自分の手で利用者の左膝を押さえて立位になってもらい…など
利用者の脇に手を廻して介助者の力で引き上げてしまうのは×

これらを正しく行なうと時間内に課題が終了しないこともあるが
その過程が正しく出来ていれば合格はもらえる

ただし細かくやりすぎて移乗まで終わらないなどは不合格
1、挨拶&自己紹介
2、事前説明
3、体調確認
4、安全確認
5、残存機能の活用
ができていれば細かい手順までは問わない

2007年02月15日

二次試験対策講座。どこを選べばいいの?

介護福祉士国家試験、二次試験は3月4日。
それに向けて、二次試験対策講座が各地で開かれています。
いくつか、二次試験対策講座を紹介します。

三幸福祉カレッジ(\30,000)

ニチイ学館(\15,000)

ニック教育講座(\12,800)

福祉教育カレッジ(\24,000)

社会教育総合研究所(\18,000)

どれを選ぶかは、そして選ばないかは、みなさんのお財布の状況やスケジュールと相談して決めてください。

それよりも、筆記の結果が気になっている方が圧倒的に多いとは思いますが。

2007年02月16日

介護福祉士国家試験、筆記合格通知・実技試験受験票はいつ到着するのか?

釧根介護福祉士会の掲示板に、合格通知が届いた!という書き込みがあり、
掲示板内はかなり混乱しています。
本当なのか、その書き込みの真偽を確かめるすべはないのですが。

投函は本日16日。
みなさんのもとへ届くはずの合格通知(実技試験受験票)は、
今頃どこかの郵便局の間を旅しているわけです。

気になる合格ラインについては、明日にはだいたい判明すると思われます。
同様に、釧根介護福祉士会のホームページで自己採点と合否の結果のアンケートを行うそうなので、
そこで、今回の試験の合格ラインがわかりそうですね。

ちなみに、冒頭でお伝えした疑惑の書き込みでは、71点で合格、だったそうです。
正解率6割を下回っていますが、
場合によっては自己採点の得点に、不適切問題の分の加点があるので、
一概に71点で合格はありえない、とは言い切れないですよね。

2007年02月17日

介護福祉士合格ラインは77点?78点?

昨日投函された
介護福祉士国家試験筆記合格通知・実技試験受験票が続々と届けられているようです。
掲示板などの情報から判断するに、合格ボーダーラインは
77点もしくは78点といったところでしょうか。
平均点が高くなってボーダーラインが大幅に引き上げられるのではといった憶測も飛び交っていましたが、
それなりのラインに落ち着いたといったところでしょうか。

ちなみに自分は外出先なので自宅のポストを確認できません。
どうなったかなぁ。

2007年02月25日

介護福祉士実技試験。監禁される午前組とひたすらに待つ午後組。

来週には介護福祉士実技の国家試験があります。
もちろん、技術講習を受けた方は免除になるわけですけれど。

この実技試験。
はじめて受験される方にはぜひ知っておいていただきたい。
実技受験者は午前組と午後組に分けられています。
受験票に記載されている受験の受付時間が午前中なのか、午後(12時から)なのかでわかります。

午前組は試験終了後も開放されず、試験会場に監禁されます。
それは、試験を待つ午後組に、
午前の試験を終えた人が試験内容の情報をばらしてしまうことを防ぐためです。
もちろん、携帯電話等は持ち込み厳禁です。
午後組が会場入りするまで、
午前の一番最初に試験を終えた人も待っていなければいけないのです。
試験を終えた解放感はあると思いますが、監禁されているのは苦痛でしかないでしょう。
午前組のみなさんは暇つぶしを用意しておくことをお勧めします。

また、午後組も順番待ちであることは変わりないので、
場合によっては12時に会場入りして、夕方5時くらいまで待たされる場合があります。

会場の数を増やして、午前午後で分けないで試験にすれば、
こんな苦痛を与えないでいいのでしょうけれど・・・。

とにかく、携帯電話の持ち込みにはかなり厳しいです。
会場で係員に預けるのにも手間がかかるので、
駅のロッカーやら近所の知人やらに預けておくことをお勧めします。

完全図解 介護福祉士国家試験実技対策 介護実技必携ハンドブック
介護福祉士国家試験実技試験対策グループ 鈴木 幸雄
秀和システム (2006/11)
売り上げランキング: 3917

ちなみに、自分は去年も今年も午後組。
去年は結局最後のほうまで待たされたので、かなり苦痛でした。
参考書を見るのもいいけれど、気分転換できるものも用意しておくべきかな。。。

About 2007年02月

2007年02月にブログ「介護福祉士国家試験過去問題徹底分析」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年01月です。

次のアーカイブは2007年03月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

「介護福祉士国家試験ナビ」のトップページはこちら。

Powered by
Movable Type